診療案内

処置内容の説明

医療行為は複雑で解りにくいことがありますが、出来るだけ患者様に理解して貰えるよう写真やイラスト、サンプル模型等を使いながら少しでも納得していただける様に詳しく説明をさせて頂きます。
もし、分かりにくいことがあればいつでもお問い合わせ下さい。
又、治療の途中でも、状況を把握して貰うために説明をしながら処置を進めてゆきます。

 

口腔内写真

患者様の口腔内をより正確に把握するために、お口の中のカラー写真を撮影します。
初診時の状態記録、治療計画の立案、治療過程の記録、予防やメンテナンスへの活用として利用します。

image029.png

 

レントゲン検査

歯科治療ではレントゲン検査は不可欠です。
当医院では必要に応じて様々なレントゲン撮影検査を行い、より正確な診断を行うようにしております。
レントゲン検査は有用な検査ですが、乳幼児や妊娠中の方には行わないこともあります。
疾患の状態に応じて、撮影方法を選択して行います。

image031.png

 

予防歯科

お口の中の病気を予防することは、ムシ歯や歯周病のことだけでなく、体全体を守る事に繋がります。
口の中のバイ菌はムシ歯菌や歯周病菌などいろいろな種類の細菌が存在します。
ハミガキを毎回かなりしっかり行っても、バイ菌を全てゼロにすることは残念ながら不可能です。
それ故、少しでもバイ菌をお口の中から減らして病気にかかりにくくすることが求められます。
特に高齢者おいてはより、誤嚥性肺炎や心内膜炎など重篤な状態に陥る危険性もあります。
単に、お口に中の清潔さ、だけではなく健康についてのご理解をしていただくことも、予防歯科の役割であり、いろいろな病気の併発や重症化を防ぐ事にも繋がっていくことになるでしょう。
そして、咬み合わせの不具合から咀嚼や嚥下の障害、QOLの低下を招く事になってしまいます。
当医院では、この予防歯科がかなり重要なポジションと考えております。
治療後のメンテナンス、定期健診はかなり重要な意味を持つことになり、せっかく治した歯をいつまでも良い状態に保つ為には、定期的なケアーが欠かせません。
一人一人に適した口腔ケアーの方法を共に考え、アドバイスさせていただきます。

image033.png

 

むし歯治療

一口にムシ歯と言ってもいろいろな段階、程度がありその状況に応じて処置内容が変わります。
ごく初期の段階であれば削って詰めるのではなく、薬を塗布したり予防処置を施すことで、銀歯にならずに済む方法もあります。
ある程度のむし歯になっていれば、白色の樹脂や銀歯を詰めて完治になることも。
更にすすんでしまったムシ歯は神経を除去する治療や、根の中の感染部分を取り除く治療をすることになります
非常に進んでしまった場合は、やむなく抜歯を考えざるを得ないこともありますので、お口の中が少しでも気になったら早めの受診をお勧めします。

image035.png

 

歯周病

歯周病の特徴の一つに「症状が出にくい」という何とも分かりにくい状態があります。
初期の段階では殆どが無症状に始まり、時間をかけてジワリジワリと進んでしまいます。
何かへんだなーと思ったときには既に、ある程度進行している場合がありますので、「まだ大丈夫!」と思わないで、定期的に健診を受けた方がよいと思われます。
ハミガキの方法を少し見直したり、ハブラシを変えたりするだけでも歯周病予防の効果は違ってきますので、歯科衛生士による専門的アドバイスは必ず役に立つことでしょう。

image037.png

 

歯ぎしり

人間の習癖の中に歯ぎしりや食いしばりなどがあります。
意識的に咬む場合は、噛みしめる力をコントロール出来ますが、無意識に噛みしめていると、かなり異常な力が歯にかかってしまい、それが原因で顎が痛くなったり、歯周病が悪化したりと様々な弊害がでるようになってしまいます。
この無意識にやっている歯ぎしり・食いしばりが実はかなり恐ろしい結果を招く事に繋がります。
無意識に歯ぎしりするので、本人は歯ぎしりをしている事に気がつきませんし、自覚症状が無いため、歯ぎしり・食いしばり等自分はしていないと思い込んでいる方が多いのです。
歯のすり減りがひどくなってからでは、治療が大変になりますので、歯科医院でのアドバイスを受ける事をお勧めします。

 

詰め物・被せ物

ムシ歯や歯周病の治療として詰めたり、被せたりして歯の形態と機能回復を行う治療です。
当院ではなるべくムシ歯の部分だけを取り除き、小さく詰める方法で処置をするようにしております。
銀色の詰め物や被せ物に抵抗がある方は、白い色のセラミックで治療を行い、目立たなくすることも出来ます。(自費診療になります)

image039.png

 

インプラント

何らかの理由により歯を失った部分に、歯の代わりに補うものとして処置する方法です。
顎の骨の中に直接歯の根っこの代わりになる金属体を埋込、その上に冠を作製して歯及び口腔の機能と形態を揃えてゆく方法です。
自費診療になり、費用がかかりますが、本来の歯に最も近い状態で失った歯の部分を
回復させることが出来る方法です。
重要な検査の一つとして歯科用CT撮影(断層撮影)を行って的確な診断の元にインプラント処置を行っております。
近年、希望者が増えておりますが、口腔内の衛生状態が向上しない場合はインプラント上処置が出来ない場合もあります。

image041.png

 

義歯・入れ歯

取り外し式の入れ歯のことです。
部分入れ歯や総入れ歯があります。
数本以上の歯を失ってしまった場合に使用します。
義歯を正しく使用することで、発音や咬み合わせが成り立つので、本来の歯の代わりに機能させる「人工臓器」と考えて治療に取り組んでおります。
一般的な樹脂の義歯やバネの見えない特殊な義歯も可能です。

image043.png

 

訪問診療について

ご高齢の方で外出困難の為歯の治療に行けない方の為に、訪問診療を行っております。
ご本人或いはご家族の方の依頼により、日時を決めてご自宅或いは入所先、入院先の病院への訪問診療を行っています。
保険診療内での治療が可能です。又、介護保険の利用が発生します。お困りの方は、一度ご相談下さい。

 

がん患者の口腔ケア

当院では国立ガン研究センターと連携してがん患者の入院前から退院後に至るまでがんの治療を受ける患者様の身体状態に合わせた口腔ケアー管理計画を作成し、入院中や退院後の生活に支障がでないように口腔内を良好な状態を保つように口腔ケアーを行っています。
がん治療の担当医師からの「診療情報提供書」を持参していただきます。
ご心配な方は、ご相談下さい。

 

自費診療について

ほとんどの治療が保険診療で処置ができる中で、より審美性の良い歯を希望されたり、感触や発音を重視したり、より自然な状態を求める場合は保険外診療を選択することもあります。
自費診療は自己負担による処置なので医療費が高額になってしまいますが、ご自身にとってより快適なる状態を期待できれば、選択する価値はあると考えられます。

医療費控除とは、1年間で支払った治療費が10万円を超えた場合に適用される制度で、所得税の負担を軽減できます。
通院のためにかかった公共交通機関の交通費も医療費控除の対象になります。
税法上の適用条件に注意しながら、確定申告時にぜひ利用すると良いでしょう。

 

奥歯も白い歯で自然な感じで綺麗にしたい

image049.png

部分入れ歯は抵抗あるから、何か他の方法は?

image051.png

保険外診療は、性質の良い材料を使用し、より精密な方法で処置に臨みます。
治療方法だけでなく、予防処置や各種検査にも保険外診療がありますのでご不明な点はいつでも、医療スタッフにお問い合わせ下さい。

自費診療のお支払いには、ジャックスカードご利用による分割払いもできます。

詳しくはこちらへ

 

無料歯科健診

当院では、松戸歯科医師会、松戸市の協力の下、市民の皆様に無料で歯科健診を行っております。

成人歯科健診
    松戸市に住民登録があり、20歳以上の方
受診券を持参しなくても、無料健診は受けられます

妊婦歯科健診
  松戸市に住民登録がある方のうち、
妊娠中で受診券(母子手帳内に綴ってあります)を有する方

 

詳細及び健診予約は当院までお問い合わせ下さい

健診当日は各受診券、健康保険証等をご持参下さい。

 

セカンドオピニオン

自分の病気や悩んでいることについて主治医以外の歯科医師に意見を求めることをセカンドオピニオンと言います。
自分にとってベストの治療を受けているのかを確認するひとつの手段と考えても良いでしょう。
主治医の先生のことは信頼しているし、病状や治療方法に関する説明も納得しているのだけど、参考までに他の歯科医の意見も聞いてみたい。
そんなときにセカンドオピニオンを求めることになります。

主治医の診断や治療方針に疑問を持ったり、納得のいかない場合にも、セカンドオピニオンを求め他の処置方法について意見を聞くことは有効です。

ただし、その病気に対するベストな治療方法と自分にとってのベストな治療方法が一致するとは限りませんので、セカンドオピニオンを受けたらご自身として納得のいく処置方法を選択することが大切と思われます。

当院でも、セカンドオピニオンとしての受診も受け入れております。
予めご予約頂き、必要な検査を行います。

〒271-0077
千葉県松戸市根本9-17
047-362-2876http://mmiyamotodent.com/